外壁塗装のポイント

意外と重要!外壁の色選びのポイントとは?

投稿日:2015年8月27日 更新日:

 外壁のカラーを選ぶとき、
気をつけなくてはいけない注意点がいくつかあります。

もちろん、専門家と話し合いをした上で決めていけば問題はないかもしれませんが、
できるだけ理想に近いカラーになるように基礎知識を身につけておきましょう。

ここでは、外壁の色選びのポイントをご紹介します。

 

外壁の色選びのポイント

■面積が広いと色の見え方が変わる?

外壁の色を決めるとき、業者から色見本を見せてもらえるはずです。
その際に気をつけたいのが、まず面積と色の関係です。

面積が大幅に変わると、色自体は同じでも目の錯覚によって、違う色のように見えてしまうのです。
狭い面積では色が暗くみえて、広い面積では色が明るくみえるのです。
そのことを踏まえて、色選びをしなければ、イメージしていた色と実際の色が違い、がっかりすることでしょう。

色を決めるときに見る色見本のサンプルの面積はとても小さいです。
なので、見本で選んだ色より明るくなることをイメージして色を選びましょう。
小さいからこそ、気をつけなくてはいけませんね。
 

■面積による3つの変化

実際に、色は面積が変わると見え方がどのように変わってくるかをご説明します。
ここでは、小さな面積から大きな面積に変わったときの3つの変化をお話しします。

・色合いの変化

「あれ?色が違う?」とかなり衝撃を受けてしまうのが色合いの変化です。
面積により色相が変化することで、視覚的な色合い自体が変わってしまいます。
どのように変化するのかを、業者にしっかり確認してから色選びをしましょう。

・明るさの変化
面積が広くなったことで色が薄く明るくなり「思っていたよりも薄い」「思っていたよりも派手」と感じることがあります。
色を選ぶときは、イメージしている色よりも濃い色を選びましょう。

・鮮やかさの変化
仕上がりを見ると、「思っていたより落ち着きがない」「なんとなく派手」といった不満を抱くことがあります。
それは鮮やかさが変化したからです。
 

■光による色の変化

カメラで何かを写すときにも感じることですが、光の当たり具合、光の種類によっても色は変化します。
例えば、自然光と蛍光灯ではまったく見え方が違います。

色見本を見るときは室内で見ることが多いと思いますが、室内灯の下で見ている色と、外で見る色は違うと心得ておきましょう。

建物の立地の方角や外壁の状態によって、光の当たり方は違いますので、専門家と相談しながら、実際に近い色を確認して決定していくように心がけましょう。
 

■変えられない部分との相性を考える
窓のサッシや扉、床のレンガなどは塗装できません。また建物の形の変えることはできません。
こうした変えられない部分と相性のいい色合いを選ぶ必要があります。

例えばサッシの色が白や黒やねずみ色ならば、何色でも合いますが、茶色系なら同じ系統の色を選んだ方がいいでしょう。
 

■周囲の環境との相性を考える
色を選ぶときやってしまいがちなのが、家だけの色選びに固執するあまり
周囲とのバランスを忘れてしまうことです。

実際に塗ってみたら周囲から浮いている色になってしまい最悪の場合、
景観関連の規則にひっかかり塗り直しということがあるかもしれません。

なので、周囲の環境も含めた色のシュミレーションを行っておきましょう。

さて、ここまで色選びのポイントについて話してきましたが、
外壁塗装におけるおすすめ人気色についていくつかお話をしたいと思います。
 

■ベージュ色
外壁にベージュやクリーム色や白といった明るい色はオーソドックスにまとめやすい色です。
洋風でも和風でも違和感がなく変更不可能部分(サッシなど)の色ともうまく調和します。
 

■緑色系統
緑色系統は彩度の明度を調整していくことで、クラシックな雰囲気や明るい雰囲気の洋風を演出できます。
和風なら、彩度を下げ、黄色を強くした感じにするといい感じになります。
 

■ツートン系
ツートンカラーのポイントを3つで
・色量の配分
・色の組み合わせが重要になります。
配分は6:4や7:3がバランスよく見えます。また上下分けの場合は下の色を濃い色にするといいでしょう。
色の組み合わせは同色二色でグラデーションしたり、トーンが似ている2色を組み合わせてみるといいでしょう。
 

塗り直しになることだけは絶対に避ける!

仕上がってから「色が違う」と感じて塗り直すことだけは、
時間もお金もかかりますので、絶対に避けなければいけません。

満足のいく外壁塗装を目指し、
外壁塗装の専門家に、しっかり色の相談をしましょう。

また外壁塗装の相場、これを把握しておくことも、
外壁塗装で失敗しないためには必要です。

外壁塗装をお考えの方は、まずはご自分の家の場合、
どのくらいの料金がかかるのか把握したうえで、
外壁塗装をすすめていきましょう。
 

↓外壁塗装の相場が調べられるサイトはこちら↓

-外壁塗装のポイント

Copyright© 外壁塗装はなぜ必要なのか?後悔しない見積もり・相場の見分け方!絶対に安く方法を紹介 , 2017 AllRights Reserved.