高齢化社会に突入してから久しい日本では、老人ホームや介護施設の整備が日々進んでいます。

老人1人あるいは2人だけの世帯も増える中、こういった施設への入居を考えるお年寄りも少なくありません。

老人ホームや介護施設への入居にあたって、まず確認すべきは入居条件です。

いろいろ調べて、せっかく気に入った老人ホームがあっても、本人の状況と入居基準が合致しなければ、そもそも入居することはできません。

まず第一に、当然のことながら、資金的に無理があれば入居できません。

仮に、入居時の費用を何とかまかなえたとしても、月々の支払いに不安が残る場合には入居を断られることがあります。

さらに、医療依存度や介護度がその老人ホームでカバーできる内容でなければ、施設側では受入れることはできません。

一般的には、有料老人ホームの入居条件には年齢制限があります。

60歳以上あるいは65歳以上と設定されているところが多く、グループホームや特別養護老人ホームでは原則65歳以上とされています。

老人ホームについて詳しく知りたい方は・・・→ベッド 安い おすすめ

そのほか、要介護度・医療依存度・保証人(身元引受人)の有無・収入(生活保護の有無)などが入居条件として定められていて、施設によって条件内容が異なるため、気になる老人ホームがあれば、さっそく確認してください。

関連記事

    None Found